top
  • パートナーシップ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • English
  • 緊急連絡先
  • お問い合わせ

監査サービス(情報セキュリティ監査・システム監査・個人情報保護監査・外部委託先監査)

監査サービス 背景

現代の企業における企業ガバナンスは、ビジネス戦略の実現において必要不可欠な要素となっています。特に情報システムにおける内部統制は無視できない存在であり、いったん大規模なシステム障害や情報漏えいが発生すると企業の存続自体を危うくするケースも増加しています。
企業は情報システムにおける統制状況を点検・評価するとともに、PDCAサイクルを通じて継続的な業務改善を実施していかなければなりません。

監査サービス(情報セキュリティ監査・システム監査・個人情報保護監査・外部委託先監査) PDCAサイクル

監査サービス 必要性

企業においては、情報システムを戦略的かつ有効に利用すると同時に、システムリスクや情報リスクの管理についても十分に認識し、業務を行うことが要求されます。
GSXは、すでに多くのシステム監査や内部監査部門の支援を実施し、十分なノウハウをもとにサービスを提供しています。 企業が情報システムの安全性、信頼性、効率性等について、客観的な監査や企業内部の独立した部門による監査を通して、アカウンタビリティを果たしていく重要性がますます高まってきています。

情報システムのライフサイクルとリスク評価

監査サービス 情報システムのライフサイクルとリスク評価

リスクペースの監査アプローチ

監査サービス リスクスペースの監査アプローチ

GSXコンサルティングの特色

ステップ

※自己点検(セルフチェック)やアンケートの実施、改善実施後のフォローアップ監査(指摘した事項が適切に改善されているかの確認)等、お客様のご要望や監査テーマに応じて柔軟に対応いたします。

効果・メリット

独立かつ専門知識を持った第三者が監査を実施することにより、現状の管理策に対する問題点を客観的に把握することが可能です。報告においては、想定されるリスクと改善案を例示することにより、技術面、運用面での業務改善を的確に図ることができ、企業価値の向上に繋がる体制作りに貢献します。

監査の実施には、下記のようなメリットがあります。

■統制の整備・運用状況の把握と改善
■情報システムの戦略的かつ有効利用
■システムリスクや情報リスクの適切な管理
■顧客や取引先への説明責任

監査サービス システム監査の効果

支援・実施実績

■金融機関のシステム監査
■官公庁の情報セキュリティ監査
■地方自治体(地方公共団体)の情報セキュリティ監査
■認証局の監査
■製造業、通信事業者等における情報セキュリティ監査
■外部委託先監査
■内部監査支援
等電力会社、大手製造業、大手金融機関、官公庁、自治体 など

Q&A

監査実施にはどれくらいの期間が必要ですか。

準拠している規程類の量、システムの規模等にもよりますが、監査対象とする範囲に基づいて必要期間を見積ります。通常は3~6ヶ月程度です。

内部監査だけをご支援いただきたいのですが。

内部監査支援や内部監査員教育等、スポット対応も可能です。

監査員の経験は豊富ですか。

公認情報システム監査人、システム監査技術者、公認システム監査人、公認内部監査人等の有資格者が多数在籍しています。また、金融をはじめ公共、製造業、通信業、データセンター等、幅広い業種に精通した監査人が監査を実施いたします。

Pagetop