JA  /  EN

公式 CISSP CBKトレーニング

CISSP(Certified Information Systems Security Professional)とは、(ISC)2(International Information Systems Security Certification Consortium)が認定を行っている国際的に認められた情報セキュリティ・プロフェッショナル認定資格です。

2022/2/15|GSX、(ISC)2 公式トレーニングパートナープログラムに参加
この度GSXは、「公式CISSP CBKトレーニング」の正式取扱開始とともに、Official Training Partnerとして(ISC)2 公式トレーニングパートナープログラムに参加することになりました。

【日立ソリューションズ×NEC×GSX】今の時代に求められる「セキュリティ人財」とは 上野宣氏、辻伸弘氏、徳丸浩氏も参画 国産のセキュリティ資格「SecuriST」が登場 DX時代を担うセキュリティ人材の育成を支援

公式 CISSP CBKトレーニングとは?

公式 CISSP CBKトレーニングは、(ISC)2(International Information Systems Security Certification Consortium)が 認定を行っている国際的に認められた情報セキュリティ・プロフェッショナル認定資格です。
CISSP認定資格は、情報セキュリティの共通⾔語とも⾔える『 (ISC)2 CISSP CBK 』を理解している情報セキュリティ・プロフェッショナルのみに与えられる資格です。

CISSPの特長

  • 国際的に最も権威あるセキュリティプロフェッショナル認定資格
  • 最も広範囲な知識レベルを必要とする資格。セキュリティ業務従事者から管理職者が対象
  • 全世界で約14万人が資格を取得
  • 2004年6月にISO/IEC17024を認定取得
  • アメリカグローバルナレッジ社が掲げる資格ランキング第6位

2022年1月現在、全世界で152,632名を超えるCISSP資格保持者が各国政府機関、グローバル企業で活躍しています。また日本でのCISSP資格保有者も3,339名を超え、認知度と共に保有者数も増加致しております。
CIO、CISOを始めとする管理職、技術職、コンサルタント、営業の中枢でIT業務に取り組んでいる方々が、数多く取得しています。

CISSPの重要性

サイバーセキュリティ教育カンパニー“GSX”は、2021年よりCEHと並ぶサイバーセキュリティ教育の2トップの1つであるCISSPの取り扱いを開始いたしました。これによりGSXでは、より実践的なEC-Councilコースウェア(CEH,CNDなど)やSecuriST(脆弱性診断士)に加え、セキュリティマネージメントにも長けた人材を育成するトレーニングを提供できることになりました。
体系的にセキュリティを考えリスク管理を正しく判断できるCISSPが自組織内にいることは、社内資産の保護はもちろん、外部に対する信頼度向上につながります。セキュリティ先進国アメリカでも、国家安全保障局がセキュリティ従事者への推奨資格としているなど、高い評価を得ているCISSPを雇用する組織メリットは明白です。

マネジメント層から営業部門まで、幅広く受講されています

受講内容

1日目
  • チャプター1 情報セキュリティ環境
  • チャプター2 情報資産のセキュリティ
2日目
  • チャプター3 アイデンティティとアクセスの管理
  • チャプター4 セキュリティアーキテクチャとエンジニアリング
3日目
  • チャプター5 通信とネットワークセキュリティ
  • チャプター6 ソフトウェア開発セキュリティ
4日目
  • チャプター7 セキュリティの評価とテスト
  • チャプター8 セキュリティの運用
5日目
  • チャプター9 全チャプターのまとめ
  • チャプター10 CISSP資格に関する情報
  • 応用シナリオの解説
    まとめ・確認問題及び全体に関する質疑応答

※セミナーは、午前9時30分から午後6時30分まで講義および復習、問題演習が行われます。
 (途中休憩、昼食時間含む:進行状況により終了時間は異なります)
※本国(ISC)2 認定日本語講師にて質の高い講義を実施しています。
※詳しいドメイン詳細はこちらから

配布資料

  • 1. 日本語テキスト(電子・印刷物)
  • 2. 英語テキスト(電子)
  • 3. 日本語模擬試験問題(電子・印刷物)

(ISC)2について

(ISC)2は、安全で安心なサイバー世界の実現に向けて活動する国際的な非営利会員団体です。
CISSP(Certified Information Systems Security Professional)は(ISC)2 が認定している資格です。詳細はこちらをご参照ください。

受講概要

コース CISSP CBKトレーニング
開催日程 ■2021年12月23日(木)、24日(金)、27日(月)、28日(火)、29日(水) 受付終了しました。
■2022年1月17日(月)~21日(金) 満員御礼
■2022年2月16日(水)、17日(木)、18日(金)、21日(月)、22日(火) 受付終了しました。
■2022年3月7日(月)~11日(金) 受付終了しました。
■2022年5月16日(月)〜20日(金) 受付終了しました。
■2022年6月13日(月)〜17日(金) 受付終了しました。
■2022年7月4日(月)〜8日(金) 受付終了しました。
■2022年8月22日(月)〜26日(金)
■2022年9月12日(月)〜16日(金)
■2022年11月7日(月)〜11日(金)
■2022年12月5日(月)+6日(火)+7日(水)+12日(月)+13日(火)
■2023年1月16日(月)〜20日(金)
■2023年2月15日(水)+16日(木)+17日(金)+22日(水)+24日(金)
■2023年3月6日(月)〜10日(金)

9:30~18:30 (開場・受付開始:9:00)
※途中休憩、昼食時間含む
※進行状況により終了時間は異なります

受講のお申込みをする

主催者 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
開催形態
  • オンラインライブ配信(※ご自宅から受講可能です)

    ※講義は本国(ISC)2 認定日本人講師による日本語で行います ※本講座は "開催後180日間の録画配信" を実施しています
トレーニング
講師のご紹介
小林 浩史, CISSP
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)
サイバーセキュリティ事業本部 教育事業部
費用 特別価格 437,800円(税込) ※受講費用に試験費用は含まれておりません。 ※試験費用は別途100,100円(税込)がかかります。
※試験のみご要望の方は、直接ピアソンVUEへお問合せください。
配布物
  • 1. 日本語テキスト(電子・印刷物)
  • 2. 英語テキスト(電子)
  • 3. 日本語模擬試験問題(電子・印刷物)
  • 4. 英語確認問題(電子)
  • 5. 日本語CISSP公式問題集(電子)
  • もれなく受講者様全員に!!
    「日本語CISSP公式問題集(電子書籍)」(3,000円相当)をプレゼント!!
    ※電子書籍はhonto経由でお渡しいたします。事前にhontoの登録メールアドレスを伺います。
  • さらに講義の動画は翌日配信!!
    180日間見放題!
    月曜日の講義動画は翌日火曜日にはアップロードされています!
    ※etudes(エチュード)より配信いたします。最終日金曜日の講義動画は翌週月曜日に閲覧ができます。
  • オンライン(ライブ配信|※ご自宅から受講可能です)
    ※講義は日本語で行います。
    ※本講座は "開催後180日間の録画配信" を実施しています。
     業務都合で一部または丸一日参加ができない方や、講義内容を復習したい方は、5日間の録画配信をご利用ください。
申込方法 CISSP CBKトレーニング お申込みフォーム https://www.gsx.co.jp/cissp_inquiry
申込期限 ※2022年7月開催分:2022年6月6日(月)まで
※2022年8月開催分:2022年7月25日(月)まで
※2022年9月開催分:2022年8月15日(月)まで
※2022年11月開催分:2022年10月7日(金)まで
※2022年12月開催分:2022年11月7日(月)まで
※2023年1月開催分:2022年12月12日(月)まで
※2023年2月開催分:2023年1月18日(水)まで
※2023年3月開催分:2023年2月6日(月)まで
キャンセル 必ず、上記申込期限までにお申し出ください。それ以降のキャンセルは、受け付けられません。
お支払い

個人でお申込みのお客様向けに以下のお支払方法をご用意しております。お申込み時に都度お問合せください。

  • 分割払い(最大36回)
  • 受講後翌月末払い、もしくは3か月先まで先送り払い可(1回払い)

※SMBCファイナンスサービス株式会社の審査の後、ご利用確定となります。

  • トレーニング受講費用のお支払について
  • ・ご請求先が個人様の場合:ご希望コース開催日の申込期限までに当社指定口座へのお振込みとなります。
    (ご希望コース開催日の申込期限間近にお申込みいただいた場合は、ご受講前に最短でのお支払をお願いしております)
  • ・ご請求先が当社と過去にお取引のある法人様の場合:以前のお取引の際と同様となります。
  • ・ご請求先が当社と新規お取引となる法人様の場合:ご受講前にお支払が必要となる場合は、別途ご連絡させていただきます。
  • ※ご受講後にお支払の法人様へは、ご受講月の月末にご請求書を送付いたします(ご指定の期日がある場合は、別途事務局までご連絡ください)。