CEH

CEHは、セキュリティの国際的な資格であるEC-Council認定資格の一つで、認定ホワイトハッカーを目指すコースです。知識・スキル・攻撃手法を組み合わせたホワイトハッキングスキルの習得を目的としています。ホワイトハッカーとして「攻撃者視点」の判断力を習得することで、より効果的な防御に活かすことができます。
EC-Council認定講座は、日本国内ではGSXが唯一の販売代理店であり、大学講師なども務める日本人講師による日本語講座となります。

CEHは、セキュリティの国際的な資格であるEC-Council認定資格の一つで、認定ホワイトハッカーを目指すコースです。知識・スキル・攻撃手法を組み合わせたホワイトハッキングスキルの習得を目的としています。ホワイトハッカーとして「攻撃者視点」の判断力を習得することで、より効果的な防御に活かすことができます。
EC-Council認定講座は、日本国内ではGSXが唯一の販売代理店であり、大学講師なども務める日本人講師による日本語講座となります。

ホワイトハッカーは、攻撃者としての「ブラックハッカー」に対し、コンピュータやネットワークの高度な知識と技術を善良な目的に使うハッカーで、攻撃者の思考や手法を理解しています。
ホワイトハッカーは攻撃者の視点を持つことで、通常のセキュリティエンジニアとは異なり、攻撃者の手法を先回りして防御する環境を構築することができます。CEHは攻撃者視点を持ったホワイトハッカーとして、堅牢なセキュリティ環境の構築を実現します。
CEH(Certified Ethical Hacker:認定ホワイトハッカー)は、EC-Council認定の国際的な情報セキュリティ資格で、ホワイトハッカー資格として世界でも多くのホルダーを誇ります。EC-Council公式トレーニングは中級者~スペシャリスト向けに全部で4種類あり、CEHは上級者向けコースに位置付けられています。

CEHマスターの位置づけ

CEHマスターの位置づけ
EC-Council公式トレーニングの一覧はこちら

CEHは、ホワイトハッキングに関する知識・攻撃手法などのスキルを習得し、攻撃者視点を持つことでサイバーセキュリティの脅威を予見し、優れたセキュリティ対策を実現するセキュリティ人材を養成します。

CEHマスターとなるための実技試験(CEH Practical)では、様々なネットワークシステム(DMZ、ファイアウォールなど)からなる大規模組織を想定した複雑なネットワークをホワイトハッカーとして、リアルタイムの脆弱性を発見し、同時にシステムを監査することを要求されます。
このような実環境を使用した認定資格はCEHマスターのみです。

Your Road to CEH MASTER

  • CEHを受講
  • CEHに合格・資格維持
  • CEH実技試験lに合格
  • CEHマスター認定
Your Road to CEH MASTER

試験

資格 EC-Council CEHホルダ(資格が有効な方)
試験機関 EC-Council RPS(リモート環境での試験)
実技試験 iLabsサイバーレンジ(英語)
課題数 20問
試験時間  6時間
合格点 70%以上
受験のみ費用 98,000円(税込107,800円)
お申込み お申し込みはこちら

対策講座 (BSIprofessinal Services Japanにて実施)

講習時間 1日6時間オンラインライブ講習(CEH v11 iLabs付)
内容 講習+CEHv11 ILabsによる実習
受講費用
(試験バウチャー込)
190,000円(税込209,000円)
ilabs v11の
有効期限内の場合
160,000円(税込176,000円)
お申込み BSIprofessinal Services Japan様にて承ります
  • ホワイトハッカーのスキルを5日間で習得

    ホワイトハッカーのスキルを5日間で習得

    EC-Councilの優れたカリキュラムで、あらゆるセキュリティ脅威の攻撃方法・攻撃ツールの使い方などを学びます。サイバーセキュリティ教育カンパニーであるGSXならではの最新の学習環境で、即戦力の情報セキュリティ人材を5日間のトレーニングプログラムで育成します。

  • 実践的なスキルを習得する学習環境を完備

    実践的なスキルを習得する学習環境を完備

    トレーニングにあたって、最先端のラボ環境(iLabs|アイラボ)をご用意。トレーニングで実践的なスキルを身に付け、すぐに現場で活かすことができます。

    ・講座の40%以上がラボにおける学習
    ・実際の環境をリアルタイムにシミュレート
    ・最先端の複合ラボで学習目標を明確化

CNDコース(認定ネットワークディフェンダー)ラボ環境
実践的な
80のラボシナリオ
実際の環境を
リアルタイムにシミュレート
最先端の複合ラボで
学習目標を明確化
20
モジュール
200
ラボ
400の攻撃
テクニック
1,600以上
のスライド
3,500以上
のツール
認定試験
認定ホワイト
ハッカー
取得

NIST/NICEフレームワークの下で、重要な専門分野に位置づけ

フレームワークマッピング
米国国立標準技術研究所(NIST)は、サイバーセキュリティの教育、トレーニング、および労働力開発に焦点を当てた、政府、学界、および民間部門間のパートナーシップで構成された団体です。CEHv11は、NIST / NICEフレームワークのProtect and Defend職務カテゴリの下で、分析(Analyze)や安全なプロビジョニング(Securely Provision)などの職務を含む重要な専門分野に厳密にマッピングされています。
情報セキュリティの責任者/監査人/専門家、サイト管理者のほか、ネットワーク・インフラの完全性に不安を抱くあらゆるユーザに極めて有益なコースです。
受講対象者 情報セキュリティの責任者/監査人/専門家、サイト管理者のほか、ネットワーク・インフラの完全性に不安を抱くあらゆるユーザに極めて有益なコースです。
必要条件
  • 以下の内容が理解できれば問題ありません(予習推奨)
    1. CCNAレベルのネットワークに関する知識
    2. LPIC Level1低DののLinuxに関する知識
    3. 企業で導入されているFirewallなどネットワーク・セキュリティ機器の構成に関する知識
    4. 下記ツールの使い方
      • Wiresharkやtcpdump
      • nmap
      • ローカルプロキシ(Burp Suite、Owasp Zed Attack Proxy、Fiddler)
  • 下記の実務経験があると講座内容がより理解しやすい
    • プログラミング(C/Perl/Java/PHP)
    • ネットワーク構築
    • ネットワークトラブルシュート
    • パケット解析
    • ペネトレーションテスト
受講期間 5日間(月曜日から金曜日) 10:00~18:00
受講場所
  • GSXのオンライン受講
  • ATCパートナーのオンライン受講またはATCパートナーの集合研修室
※開催日程により異なりますので、下記スケジュールをご確認ください。
受講料 547,800円(税込)
  • 受講料金には、5日間の座学および電子テキスト、演習環境iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(取得後1年以内に受験が必要)バウチャーを含みます。認定資格試験は受講期間とは別に設定されています。
  • ライブ配信形式を受講するにあたり、利用するPCおよびインターネット環境は受講者様側でご用意をお願いいたします。
  • 電子テキストには1年間の閲覧期限があります。
  • 物理テキストが必要な場合は、別途33,000円(税込)となります。(送料込み)
受講日程 ※スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
受講日程
※スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
ピアソンVUE
のご案内
ピアソンVUEでも受講・受験いただけます。
※CEHv10を受講された方は、試験バウチャーコードの変更が必要です。こちらからお申込みください。
※CEHv11をご受講された方で、RPS(オンライン試験)の受験をご希望の方は、こちらからお申込みください。
RPSのご案内 RPSでも受験いただけます。
試験の概要 本試験は、EC-Council CEH (Certified Ethical Hacker)コースを修了された方が対象になります。
※日本語翻訳版の試験になります。原文(英語)の併記はありません。
試験詳細 問題数:125問
合格基準:70%以上
試験時間:制限時間4時間
出題形式:選択式
再試験について:再試験をご希望の方は、認定トレーニングセンターまでご連絡ください。
【日立ソリューションズ×NEC×GSX】今の時代に求められる「セキュリティ人財」とは 即戦力の情報セキュリティ人材を三日間で養成する CND(認定ネットワークディフェンダー)コース EC-Council Cybersecurity Exchange

その他のEC-Council講座

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

セキュリティに関するどのようなご支援をご希望ですか?
ご質問・ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。