セキュリスト(SecuriST)®

セキュリスト|ゼロトラストコーディネーター

ゼロトラストコーディネーターは、「ゼロトラスト」の考え方・要点の理解から導入計画の立案までを学ぶ講座です。ゼロトラストの概念を理解した上で、組織の状況や課題に合わせて持続可能なセキュリティ対策を実現する人材を育成します。IT企業の営業や企画職、セールスエンジニアやフィールドエンジニアをはじめとした技術職の方だけでなく、発注側のITシステム担当者にも役立つ講座です。

ゼロトラストコーディネーターは、「ゼロトラスト」の考え方・要点の理解から導入計画の立案までを学ぶ講座です。ゼロトラストの概念を理解した上で、組織の状況や課題に合わせて持続可能なセキュリティ対策を実現する人材を育成します。IT企業の営業や企画職、セールスエンジニアやフィールドエンジニアをはじめとした技術職の方だけでなく、発注側のITシステム担当者にも役立つ講座です。

クラウドシフトで必要になる「ゼロトラスト」

ゼロトラストとは「無条件に信頼できるものは存在しない」という考え方であり、全てのアクセスを例外なく検証するのがゼロトラストアーキテクチャといえます。
これまでのセキュリティ対策は「社内ネットワークの中は安全であり、信頼できる」という「境界防御」の考え方でした。しかし、クラウドへの移行やテレワークの導入、頻発するサイバー攻撃の高度化・巧妙化など、もはや「境界防御」ではセキュリティを担保できなくなっており、ゼロトラストの考え方が求められています。

ゼロトラストコーディネーターは、ゼロトラストネットワークのスキル・知識を理解し、、ゼロトラストアーキテクチャ構築の知識を活かして、安全なセキュリティ環境の導入を実現をリード・実践できる人材を育成する講座です。
01

直面している課題とゼロトラストの要点を明確に

サイバーセキュリティ教育カンパニーというフラットな視点だからこそ実現できた、“特定の商材に寄らない”ゼロトラストの概念・要点をまとめた講座を提供します。また、従来の境界防御型セキュリティ対策とゼロトラストを比較しながら理解することができるため、体系建てた理解と俯瞰した視点を身に付けることができます。

02

実際の導入ステップに沿った研修コンテンツ

実際のゼロトラスト導入のステップに沿った講座体系となっており、実用的な内容となっています。組織の状況によってゼロトラスト推進の際のステップも変わってくるため、取組方針と文脈、用語やロードマップを合わせる等のカスタマイズも可能です。

03

様々な導入事例・課題別事例の紹介

講座内では、色々な業態の先達企業によるゼロトラストの導入の取組を課題別で紹介しています。”べき論”で止まりがちなゼロトラストの取組を、実際のお客様の現状や課題に合わせて、どのように導入推進していけばよいのかを学ぶことができます。

  • 経験豊富な講師陣

    経験豊富な講師陣

    情報セキュリティ領域で事業を展開するGSXに在籍し、さまざまな企業のセキュリティの課題に対応してきたコンサルタントが、現場で活かせる確かな知識とスキルを教えます。

  • 「営業の武器」になるゼロトラスト

    「営業の武器」になるゼロトラスト

    セキュリティの知識は技術者だけに必要なものではありません。DX推進が加速する今、企業はさまざまなITツールやソリューションの導入を検討しており、セキュリティの課題までを意識した提案は一線を画します。

  • GSXならではの実践的カリキュラム

    GSXならではの実践的カリキュラム

    情報セキュリティ分野において数多くのお客様の課題に向き合ってきたGSXだからこそ分かる、ベンダーニュートラルな発想。課題に対して最適な解を導き出します。

有益度99%と高い評価
2021年12月にサービス提供を開始。1000名を超える受講者の理解度は約90%、内容の有益度については99%という評価を得ています。
講座 研修の理解度 研修の有益度

入門編

98%

99%

基礎編

92%

99%

応用編

87%

99%

受講者の声

「セキュリスト(SecuriST)® - ゼロトラストコーディネーター」は、入門~基礎を学ぶ「エントリーコース」と応用を学ぶ「エキスパート」の二つのコースで構成されています。
いずれのコースもオンデマンド受講となります。
ゼロトラストコーディネーター
Zero Trust Coordinator

マルチクラウドの利用とテレワークが一般的になり、サイバー犯罪やサイバー攻撃の被害も数年前とは比べ物にならないレベルに拡大した現在。境界防御をベースにしたセキュリティ設計と運用は既に限界に達し、超大手企業や金融機関ですら、サイバーリスクをコントロールできなくなってしまいました。そこで全く新しい考え方として提唱されたのが"ゼロトラスト"です。

「ゼロトラストネットワーク」と聞くと、技術職・コンサルタント向けの分野というイメージを持たれるかもしれません。既に多くの企業が、ゼロトラストを前提としたネットワーク構築に取り組まれています。
しかし、こうした知識は、顧客企業のニーズを理解し、導く役割である営業部隊や事業企画の方々にも非常に有益だと考えております。

本研修は、広くゼロトラストネットワークのベースラインとしてのスキル・知識を理解することを目的とするとともに、ユーザー企業側のITシステム担当者や、ITベンダー側の営業部隊・エンジニアの方々が、ゼロトラストに対する最適解を導くための「共通言語」を習得することを目的としています。

  • 営業職・企画職
  • セールスエンジニア・フィールドエンジニア・技術職全般
  • セキュリティビジネスを「始めたい」「伸ばしたい」という企業の営業職・企画職・セールスエンジニア・フィールドエンジニア・技術職全般
  • 現在のITビジネスを事業としており、今後サイバーセキュリティの知識、対策の考え方が重要とする企業の営業職・企画職・セールスエンジニア・フィールドエンジニア・技術職全般
  • IT企業に従事するすべての企業様の営業職・企画職・セールスエンジニア・フィールドエンジニア・技術職全般

本研修では下記のスキルを習得することができます。

  • ゼロトラストについて、共通イメージをもって会話ができるよう概要と要点を理解する。
  • ゼロトラストを推進するにあたって現状を把握し、課題を洗い出せるようになる。
  • ゼロトラストアーキテクチャー構築に関する専門知識の概要を理解し、今後、学ぶべき専門知識の詳細を自ら確認して実践できるようになる。

ゼロトラスト導入のステップに合わせて、ゼロトラストの概念・要点の理解から導入の企画までをカバーした講座です。



【入門編】ステップ1:ゼロトラストの理解
  • 第1章  境界防御の限界
  • 第2章  境界防御の課題を克服する
        ゼロトラストの考え方
  • 第3章  ゼロトラストの導入ステップ
【基礎編】ステップ2:現状把握から企画
  • 第1章  入門編の復習
  • 第2章  導入ステップ1の進め方
  • 第3章  導入ステップ1を事例で振り返る
【応用編】ステップ3:ステップ1,2の技術要素
  • 第1章  入門編・基礎編の復習
  • 第2章  4つの検証を支える技術 その①
        アクセス元の検証
  • 第3章  4つの検証を支える技術 その②
        アクセス先の検証
  • 第4章  4つの検証を支える技術 その③
        通信のやり取りの検証
  • 第5章  4つの検証を支える技術 その④
        ポリシーの検証

受講概要

主催 グローバルセキュリティエキスパート株式会社
受講料
  • 入門編/基礎編 66,000円/名(税込)
  • 応用編 44,000円/名(税込)
  • セット価格 88,000円/名(税込)
研修時間 1講座 90分
開催場所 オンデマンド配信
備考
  • 専用テキスト配布
申し込む
入門編 基礎編 応用編
所要時間

90分

90分

90分

受講形態

座学視聴

座学視聴

座学視聴

配信形態

オンデマンド配信

オンデマンド配信

オンデマンド配信

サービスメニュー

全対象者向け
エントリーコース

エキスパートコース

定価(税込) 66,000円/名
44,000円/名
セット価格(税込)

88,000円/名

納品物
  • ・コンテンツ視聴権利(30日)
  • ・修了書
【日立ソリューションズ×NEC×GSX】今の時代に求められる「セキュリティ人財」とは いまや「ゼロトラスト」は“企業の武器”だ――エンジニアも営業職も いま企業がセキュリティを学ぶワケ

コースのご案内

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

セキュリティに関するどのようなご支援をご希望ですか?
ご質問・ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。