top
お問い合わせ
受付:平日9:00~17:30
03-3578-9001
緊急のお電話はこちら
03-3578-9055
緊急メール:119@gsx.co.jp
採用情報
JA /  EN

導入事例

Company

導入サービス

■CrowdStrike Falcon / MDRサービス

対談者プロフィール(※所属・役職は取材時現在のものです)

株式会社 竹中工務店 グループICT推進室 ICT企画グループ 副部長 高橋 均 氏(写真左端)
株式会社 竹中工務店 グループICT推進室 ICT企画グループ 三宅 宗俊 氏(写真中央)
グローバルセキュリティエキスパート株式会社 セキュリティソリューション事業部 事業部長 脇 智己(写真右端)

CrowdStrike Falcon / MDRサービスの検討背景

偽装ウイルスに見抜けず、水際対策の限界を痛感

 竹中工務店グループは国内外で事業を展開する大手建設会社として、以前から真摯(しんし)な姿勢でセキュリティ対策に取り組んできた。
 しかし、同社が「水際のウイルス対策だけでは防ぎきれない」と認識し始めたのは2016~2017年ごろだ。偽装ウイルスを用いた診断サービスでテストを実施したところ、当時のセキュリティ体制では見逃したという。これを契機に、同社は、侵入を前提にした検知への注力と侵入後の対応の体制を整え、被害を最小化する対策を検討することにした。候補として挙がったのは、エンドポイント系とネットワーク系のセキュリティ製品・サービスだが、同社は前者を選択した。
 そして2018年からエンドポイントで侵入を検知し、脅威に対応するためのEndpoint Detection and Response(以下、EDR)製品を探すことになった。

ワンパッケージで全セキュリティ機能を提供するCrowdStrike Falconを採用

 EDRの導入に当たって、竹中工務店はセキュリティ専門ベンダーによる運用アウトソーシングを前提にした。その理由を株式会社 竹中工務店 グループICT推進室 ICT企画グループ 副部長 高橋均氏は次のように語る。
 「外部脅威の巧妙化スピードは、もはや一企業で追いつけません。サイバー攻撃の高度化に対応する専門性が必要なため、セキュリティの専門企業に協力を仰ぎました」
 そして同社は、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(以下、GSX)のセキュリティコンサルティングサービスの提供を受けることにした。GSXはこれまでも長く竹中工務店のセキュリティ対策を支援しており、偽装ウイルスによる診断サービスにも関わっていた。GSXは24時間365日体制で脅威を検知、分析、対処するMDR(Managed Detection and Response)サービスを臨機応変な対応で提供している。

 製品として最終的に選ばれたのはCrowdStrikeの次世代エンドポイントセキュリティソリューション「CrowdStrike Falcon」だ。
 高橋氏は選択理由について次のように語る。
 「CrowdStrikeは、主要調査機関でリーダーのポジションに位置付けられ、高く評価されています。クラウドネイティブのアーキテクチャで、海外拠点に適用しやすい点も高く評価しました。」

 さらに、株式会社 竹中工務店のグループICT推進室 ICT企画グループの三宅宗俊氏は、選定理由を次のように付け加える。
 「CrowdStrikeは『ワンパッケージですべてのセキュリティ機能を提供する』というコンセプトが印象的でした。セキュリティ分野は次々と脅威が出現するため、対抗策がどうしても“継ぎはぎ”になり、システムが複雑化して運用負荷が高まることを懸念していました。この製品はカーネルレベルでログを一括収集しており、このプラットフォームを活用すれば、資産管理やデバイス制御もやりたい時にすぐ始められる拡張性の高さも評価しました」(三宅氏)

 そして2018年後半には、同社全PCを対象にEDR「Falcon Insight」、次世代アンチウイルス 「Falcon Prevent」、セキュリティプロフェッショナルによるプロアクティブな脅威ハンティングサービス 「Falcon OverWatch」の導入を正式に決定した。

後手に回りがちだった対応が、未然防止へと大きく変化

 導入決定後、GSXの支援を受けて国内の環境分析を開始し、2019年1月から順次エージェントをインストールした。
現在は、同社1万3500台、海外8カ国の拠点、約2000台への導入が完了しており、引き続きその他の海外拠点、グループ会社にも展開を予定している。

 運用サービスを提供するグローバルセキュリティエキスパート株式会社 セキュリティソリューション事業部 事業部長 脇智己氏はこう語る。
「竹中工務店様は作業所、海外など拠点の多彩さが大きな特徴です。特殊なプログラムやソフトウェアを利用されているケースもあるため、お客様環境のナレッジをどんどんためながら、『あ・うん』のサービスを提供するよう心がけています」

 導入開始から1年余りが経過した2020年の今、三宅氏はその効果をこう語る。
「運用がきちんと回っていることが何よりです。上がってくるアラートの切り分けをGSXにしてもらい、直ちに対応が必要なものは連絡をもらって、こちらから利用者に知らせるなど迅速にアクションできています。今までは脅威が顕在化しないと対処できなかったために、対応が後手に回りがちでした。どういった動きをしているのか、大きな脅威になる前に分かることが大きな成果です。海外に関してはログを見るすべもありませんでした。今では未然防止へと大きくかじを切れました。非常に満足しています」(三宅氏)

 CrowdStrike Falconの導入は、2019年末、Emotetウイルス流行時にも効果を発揮した。
 「当社も既存アンチウイルスソフトウェアでは検知できなかったのですが、CrowdStrike Falcon側で止めていました。入れていたことで大事に至らずに済んだため、導入による効果を大きく実感した1件でした」(三宅氏)

セキュリティ対策で費用削減、従業員の利便性向上を実現在宅勤務にもCrowdStrike Falcon安心材料に

 今回の導入により、サンドボックスソリューションを停止したり海外拠点のアンチウイルスソフトウェアを切り替えたりでき、セキュリティ対策の費用削減効果も出ているという。

 さらに、エンドポイントセキュリティの強化は在宅勤務など“どこからでも”アクセスできる環境を実現した。
 「当社は情報漏えい対策にも力を入れています。PCでのデータ暗号化やリモート消去に加えて、最近まで公衆無線LANや自宅LANからの接続も許可していませんでした。最近、感染症対策で在宅勤務がクローズアップされています。CrowdStrike Falconの次世代アンチウイルスとEDRを導入しているので、常に何が起きているか可視化、検知できています。自宅でのPC利用においてもセキュリティを確保できていると判断し、『事業部門がゴーサインを出せば在宅勤務可能』とルール変更に踏み切りました。どんな環境でも不正通信を検知できることに安心感があります」(高橋氏)

今後はCrowdStrike Falconとサードパーティー製品との連携に期待

 三宅氏はCrowdStrike Falconが「CrowdStrike Store」でサードパーティー製品との連携を強化していることもメリットと感じているという。クラウドで一括管理されているログが更に活用されることになり、例えば機械学習を用いた行動分析により不正な行動とリスクを検知するUEBA(User and Entity Behavior Analytics)サービスとクラウドで連携することにも期待しているという。
 「当社には図面など重要なデータ資産がたくさんあります。従来はセキュリティ上の観点からアクセス権を厳格に設定し、必要なデータが迅速に利用できないケースが少なくありませんでした。UEBAを用いた行動分析が実現すれば、新たな仕組みで情報漏えいを監視しながらのデータの利活用を促進できると考えています」(三宅氏)

 高橋氏は今後期待することを次のように話す。「あらゆるデータを蓄積し、建設プロセスで活用することで、抜本的な生産性向上を実現したいと考えています。情報端末やクラウドサービスなど、あらゆる環境でのセキュリティ確保の重要性がさらに増すでしょう。CrowdStrike Falconだけでのセキュリティ確保は難しくなるため、クラウドサービスの進化とともに、クラウドサービス側の連携も加速してもらえればと思います。OSの最新機能なども活用して一層シンプルなセキュリティソリューションを提供してくれることを願っています」

 国内外全2万台のPCへの次世代アンチウイルスとEDR展開を完遂しつつある竹中工務店は、どこまでも先進セキュリティの導入に前向きなようだ。

ポイント

☞  クラウドネイティブのアーキテクチャで、国内のみならず海外拠点にも容易に適用

☞  ワンパッケージのセキュリティプラットフォームを今後活用できる拡張性を評価

☞  セキュリティ専門ベンダーによる運用アウトソーシングで専門性をカバー

☞  どんな環境でも不正通信を検知できる、在宅勤務にも安心材料となるセキュリティ確保

Company Profile

法人名
株式会社 竹中工務店
所在地
東京都江東区新砂1-1-1(左記は東京本店になります)
設立
1909年(明治42年)5月16日
資本金
(2020年3月現在)
500億円
従業員数
(2020年1月現在)
7,630人
代表者
代表取締役名誉会長
竹中 統一

導入サービス概要

CrowdStrike Falcon
クラウドストライク社が提供するCrowdStrike Falconは、リアルタイムに未知のマルウェアやゼロデイ攻撃を検知し、標的型サイバー攻撃から企業や組織を保護するエンドポイント型セキュリティ製品です。
CrowdStrike Falconは、次世代アンチウイルス(NGAV)~ エキスパートによるスレットハンティングまで、エンドポイントにおける網羅的な検知・分析・対応を行います。
CrowdStrike Falcon MDRサービス
CrowdStrike Falcon Platformのエンドポイント・セキュリティにおける各製品導入後のサポートとして、24時間365日のセキュリティ監視サービスです。エンドポイントでの不正な挙動の検知の通知と、検知後の即時遮断や感染後の対応方法のご助言などを行います。
また、弊社がご提供するMDRサービスは、エンドポイントにおいて検知、分析、封じ込め、除去、回復、支援などのインシデント対応サービスをご提供し、サイバー攻撃を受けてしまった後の対策までもご支援させていただき、真のセキュリティ強化を実現します。

株式会社 竹中工務店 様 導入事例紹介リーフレット

Pagetop
セキュリティに関するどのようなご支援をご希望ですか?
ご質問・ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。