top
JA  /  EN

プレスリリース

GSX、内部不正対策ウェビナー第三弾を開催
J:COM、Exabeam日本統括責任者を交えたパネルディスカッションも実施
~コロナ禍で増加するリモートワークによる内部不正とその対策とは~

2021年7月6日
グローバルセキュリティエキスパート株式会社

報道関係者各位
プレスリリース

GSX、内部不正対策ウェビナー第三弾を開催
J:COM、Exabeam日本統括責任者を交えたパネルディスカッションも実施
~コロナ禍で増加するリモートワークによる内部不正とその対策とは~

 グローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:青柳 史郎、https://www.gsx.co.jp/、以下、GSX)は、2021年7月16日(金)に、第三弾となる内部不正対策ウェビナーを開催いたします。本ウェビナーには、産業医の大室正志氏をはじめ、J:COMのサイバーセキュリティ推進室の渡辺 慎太郎氏、Exabeam Japan日本統括責任者の光山 慶氏にパネリストとしてご登壇いただきます。

■新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに増加している「内部不正」

 新型コロナウイルス感染拡大以降、企業への帰属意識の欠如が垣間見える内部不正事件が数多く発生しています。マスメディアで大きく取り上げられている事案だけでなく、社員が情報を不正に閲覧したり、個人情報を持ち出して漏えいさせたりと、内部不正の被害は水面下で起きています。さらにリモートワークやクラウド化などによって、企業の管理者が従業員の行動を把握できず、内部不正を抑止できないケースが出てきており、弊社にも内部不正に関する相談が増加しています。

■ウェビナー概要

 本ウェビナーでは、内部不正について、GSX産業医の大室氏が、産業医の観点から「ヒトはそもそもなぜ不正行動を働くのか?そのメンタルメカニズムとは?」を解説しながら、「不正のトライアングルと防犯」の共通項に迫ります。併せて、コロナ禍におけるリモートワーク時のセキュリティ配慮、ツールの活用と抑止力ストレスが与える従業員への影響、さらにはCSIRT運用シーンでのツール活用のメリットなどをJ:COM渡辺氏、Exabeam Japan光山氏をお迎えしGSXのCSOである萩原健太ファシリテートのもと「パネルディスカッション」を実施いたします。

□ウェビナータイトル
 ~J:COM様をお迎えしコロナ禍派生のセキュリティ懸念をパネルディスカッションで問う~
 産業医から見た不正のメンタルメカニズムとセキュリティ対策の共通項に迫る
 https://www.gsx.co.jp/seminar/webinar_210716.html

□日 程
 2020年7月16日(金)

□時 間
 10:45~12:30 (受付開始10:30~)

□定 員:
 100名【事前登録制】

□参加費:
 無料

□主 催:
 グローバルセキュリティエキスパート株式会社

□プログラム(タイトル及び講演者):
 基調講演:
  「~産業医から見た不正のトライアングル~
  ヒトはなぜ不正行動を働くのだろうか?そのメンタルメカニズムとは」
  産業医 大室産業医事務所代表、GSX産業医 大室 正志

 セッション1:
  「~内部犯行とサイバー犯罪被害の共通点~
  見えていれば、悪事は働けない!セキュリティ実効性向上のポイント」
  グローバルセキュリティエキスパート株式会社 CCO 武藤 耕也

 パネルディスカッション&質疑応答:
  「『コロナ禍におけるリモートワーク時のセキュリティ配慮、ツールの活用と抑止力ストレスが与える従業員への影響、さらにはCSIRT運用シーンでのツール活用のメリット』について」

  パネリスト
   産業医 大室産業医事務所代表、GSX産業医
   大室 正志 氏

   JCOM株式会社 サイバーセキュリティ推進室 マネージャ
   渡辺 慎太郎 氏

   Exabeam Japan株式会社 日本統括責任者
   光山 慶 氏

  ファシリテーター
   グローバルセキュリティエキスパート株式会社 CSO
   萩原 健太

※タイムスケジュール、講演内容は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

□会 場:
 オンライン(ライブ配信)
 ※本ウェビナーはZoomアカウントを所有するユーザーを対象にしています

➢  本イベントへのお申し込みはこちらから
   https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_8oViTpcSQhST02M79DrnNQ

◆グローバルセキュリティエキスパート株式会社について

 社名:グローバルセキュリティエキスパート株式会社
 東京本社:〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム4F
 西日本支社:〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-1-9 淡路町ダイビル7F
 西日本支社名古屋オフィス:〒451-6040 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー40F
 代表者:代表取締役社長 青柳 史郎
 資本金:636,244,690円(資本準備金含む)
 設立:2000年4月
 コーポレートサイトURL:https://www.gsx.co.jp/

 GSXは、サイバーセキュリティ教育カンパニーです
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 わたしたちは、情報セキュリティ・サイバーセキュリティに特化した専門会社です。高い継続率を誇るセキュリティコンサルティングや、長年のノウハウを踏襲した脆弱性診断、豊富なサイバーセキュリティソリューションをはじめ、日本初のセキュリティ全体像を網羅した教育サービスをご提供しています。
 DXが加速し、サイバーセキュリティニーズが拡大する市場で各事業の軸に「教育」と「グローバル」を据え、日本の情報セキュリティレベル向上に貢献します。また、GSXは、中堅企業や地方企業を中心としたユーザー様に対し、それぞれに最適なサービスを提供し、サイバーセキュリティの知見・ノウハウをお伝えすることで、日本全国の企業の自衛力向上をご支援します。

■コンサルティング
 ・マネジメントコンサルティング
  お客様が抱える情報セキュリティに関する課題について、現状の可視化から、解決に向けた計画策定・体制構築に至るまで、一貫した支援をご提供します。
 ・テクニカルコンサルティング
  ハッカーと同様の技術を持つ専門エンジニア(ホワイトハッカー)が、お客様のネットワークシステムに擬似攻撃を行い、脆弱性の有無を診断して、対策措置、結果報告書までをご提供します。

■セキュリティ教育
 ・企業向けセキュリティ訓練
  業界シェアNo.1*あるトラップメール(GSX標的型メール訓練サービス)や、ITセキュリティeラーニングサービスのMina Secure®によって従業員のセキュリティリテラシー向上をご支援します。

  *出典:ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020」標的型攻撃メール訓練サービス市場-従業員1,000~5,000人未満:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)
  *出典:ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2020」標的型攻撃メール訓練サービス市場-流通業:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)


 ・エンジニア向け教育講座
  セキュリティ全体像を網羅した教育サービスをご提供します。EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座、日本発のセキュリティ人材資格「セキュリスト(SecuriST)® 認定脆弱性診断士」などで、セキュリティ人材を育成します。

■ITソリューション
 ・バイリンガルITプロフェッショナルサービス
  バイリンガルのIT人材リソースをご提供します。グローバル拠点への対応はじめ、国内のバイリンガル対応を必要とするお客様へのIT+サイバーセキュリティサービスをご提供します。

■セキュリティソリューション
 ・サイバーセキュリティ製品導入・運用サービス
  最新の脅威や攻撃手法などに対して有効なサイバーセキュリティ製品・サービスを、実装・運用を組み合わせたワンストップソリューションでご提供します。

※本文中に記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

■PDF形式プレスリリース

GSX、内部不正対策ウェビナー第三弾を開催
J:COM、Exabeam日本統括責任者を交えたパネルディスカッションも実施
~コロナ禍で増加するリモートワークによる内部不正とその対策とは~
 (PDF 296KB)


【本リリース内容に関するお問い合わせ先】

グローバルセキュリティエキスパートPR事務局(株式会社アンティル内)
TEL:03-5572-7375
MAIL:gsx@vectorinc.co.jp

Pagetop
セキュリティに関するどのようなご支援をご希望ですか?
ご質問・ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。