EC-Council

セキュリティエンジニア養成講座

EC-Council International(電子商取引コンサルタント国際評議会)は、情報セキュリティ及びe-ビジネスの個人スキルを認定する組織/評議会で、アメリカを本拠地としています。「CND」や「CEH」をはじめとする情報セキュリティ資格は世界で高く評価されており、その資格取得者は米国連邦政府の主要機関や大手グローバル企業をはじめ、情報セキュリティの最前線で活躍しています。 GSXは、EC-Council養成講座・認定資格の必要性と優位性を感じ日本に導入、現在唯一の販売代理店としてトレーニングを提供しています。

「EC-Council Global Awards」において、2021年の最優秀賞を受賞しています

EC-Council International(電子商取引コンサルタント国際評議会)は、情報セキュリティ及びe-ビジネスの個人スキルを認定する組織/評議会で、アメリカを本拠地としています。「CND」や「CEH」をはじめとする情報セキュリティ資格は世界で高く評価されており、その資格取得者は米国連邦政府の主要機関や大手グローバル企業をはじめ、情報セキュリティの最前線で活躍しています。 GSXは、EC-Council養成講座・認定資格の必要性と優位性を感じ日本に導入、現在唯一の販売代理店としてトレーニングを提供しています。

「EC-Council Global Awards」において、2021年の最優秀賞を受賞しています

EC-Councilは、セキュリティ専門知識を証明するために重要な認定トレーニングです。

世界最大規模のハッカーの祭典であるDEFCON(毎年夏にラスベガスで開催)の開催者のJeff MossがISC2、SANSと並べてEC-Councilを適切な認定と評価しています。

資格はセキュリティ専門知識を証明するために重要。資格がなければ、アマチュアと主張しています。

Professionals have professional credentials. If you want to participate in the security industry, you should obtain the appropriate certifications. ISC2, SANS, EC-Council and many vendors offer well regarded security certifications. They are critical to demonstrate security expertise to employers. Without them, you are just another armature boasting your eliteness. Many in the hacker community criticize these certifications. As you can imagine, the critics are the ones unable to attain these credentials.

出典:http://www.defcon.ws/

EC-Council セキュリティエンジニア養成講座が選ばれる理由

  • セキュリティ人材の短期育成とスキル証明

    セキュリティ人材の短期育成とスキル証明

    セキュリティ認定資格を効率的に取得するトレーニングプログラムで、実務で活躍できる即戦力人材を養成します。

  • 世界で評価される資格を短期間で取得

    世界で評価される資格を短期間で取得

    EC-CouncilはISO/ANSI 17024認証機関であり、さまざまな米国政府機関からの推薦資格です。世界145か国、20万人を超える資格保有者が活躍しています。

  • 実績ある現役プロハッカーが講師の日本語講座

    実績ある現役プロハッカーが講師の日本語講座

    講師は全員、サイバーセキュリティに特化した実績ある現役プロハッカー。資格保有、複数大学での講師経験者等の日本人講師による日本語での講座です。

EC-セキュリティ人材不足を解消するEC-Council認定資格

2020年に約19万人不足すると言われていたセキュリティ人材は、いまだ慢性的な人材不足が続いています。求められる知識と経験の範囲が幅広く、スキル習得に時間を要するセキュリティ人材の育成は非常に難しいため、サイバー脅威が拡大する中、自衛力を持ちたい企業にとって大きな課題となっています。
EC-Councilの認定資格は、ベースとなるスキルを持つ人材に対し必要なセキュリティスキルを付加することで、2日~5日という短期間のトレーニングで即戦力人材を育成することを可能にしました。各領域の専門家である講師と、最新情報を反映した高品質なトレーニングプログラムで、すぐに実務で使えるスキルの習得を実現しセキュリティ人材不足の解消に貢献しています。
EC-Council International(電子商取引コンサルタント国際評議会)は、情報セキュリティ及びe-ビジネスの個人スキルを認定する組織/評議会で、ISO/ANSI 17024において個人資格の認定を行う機関であることが認証されています。
EC-Councilの認定トレーニングは、世界145か国・700か所以上のトレーニングパートナーを通じて提供されており、受講者は累計30万人超、認定資格保有者は20万人超を誇ります。
日本では2016年に認定ホワイトハッカー講座が開講、厚生労働省の人材開発支援助成金(旧 キャリア形成促進助成金)の対象となっています。
EC-Councilの認定資格は、米国連邦政府、国家安全保障局(NSA)と連邦警察(FBI)国家安全保障システム委員会(CNSS)を含む、様々な米国政府機関からの推薦を受けています。
EC-Councilを指定資格にしている主な機関やフレームワーク
世界最大規模のハッカーの祭典であるDEFCON(毎年夏にラスベガスで開催)の開催者のJeff MossがISC2、SANSと並び、EC-Councilを適切な認定と評価しています。
【日立ソリューションズ×NEC×GSX】今の時代に求められる「セキュリティ人財」とは いまや「ゼロトラスト」は“企業の武器”だ――エンジニアも営業職も いま企業がセキュリティを学ぶワケ 上野宣氏、辻伸弘氏、徳丸浩氏も参画 国産のセキュリティ資格「SecuriST」が登場 DX時代を担うセキュリティ人材の育成を支援 EC-Council Cybersecurity Exchange
お問い合わせはこちら

お問い合わせ

セキュリティに関するどのようなご支援をご希望ですか?
ご質問・ご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。