情報セキュリティ国際認定資格試験&公式ハンズオントレーニング EC-Council Hackers are here. Where are you?

CEHコース CHFIコース CASEコース
講師は全員、サイバーセキュリティに特化した
実績ある現役プロハッカーを人選。
資格保有、複数大学での講師経験者等、経験豊富なハッカーが講師を担当します。
講座の修了者には認定証を発行。ANSIの個人認証を取得可能 GSXセキュリティエンジニア講師

ご紹介動画を見るご紹介動画を見る

  • 新着情報(2019/3/19):
    GSX、神戸デジタル・ラボと川口洋氏監修の超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングを共同開催
    ~セキュリティエンジニア育成にお悩みの企業担当者の課題解決を支援、
    神戸三宮で初開講~

    この度GSXは、神戸デジタル・ラボ社と協業し、Micro Hardening:Enterprise Editionを神戸三宮で共同開催します。本トレーニングは、特別価格でのご提供となります。

  • 新着情報(2019/2/18):
    株式会社横浜銀行様の導入事例を掲載しました。

    EC-Councilセキュリティエンジニア養成講座 CND(Certified Network Defender:認定ネットワークディフェンダー)導入事例動画のご紹介

  • 新着情報(2019/1/30):
    GSX、Hardening ProjectサブプロジェクトであるMicro Hardening:Enterprise Editionを川口設計の支援をもとにリリース
    ~川口洋 氏が総合プロデュースする超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニング開講~

    この度GSXは、超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングであるMicro Hardening:Enterprise Editionをリリースをします。

  • 新着情報(2019/1/28):
    EC-Council公式トレーニングコース、CEHv10リリース記念キャンペーン
    ―わたしたちがホワイトハッカーになるために―

    CEHv10リリース記念キャンペーンとして、CND/CEH/Micro Hardening:Enterprise Edition 3種の期間限定キャンペーンを実施します。

情報セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、高いスキルと実行力・判断力を持った人材の育成は急務となっています。
EC-Councilの情報セキュリティトレーニングコースは、世界に数ある教育コースの中でも、極めて実践的であり、即戦力となる人材を短期間に育て上げるコースとして、既に145ヶ国を超える国々で提供され、20万人を超える有資格者が米国国防総省や国家安全保障局をはじめ、世界の重要システムを防衛しています。

CND

認定ネットワークディフェンダー

2017年1月開講

ネットワーク技術者はエンタープライズネットワーク環境やエンタープライネットワーク技術者がITセキュリティインシデントの初期段階からセキュリティに関する“防御、検出、対応”ができれば、企業や組織は、事態の悪化を最小限にすることができ、ネットワークの構築や再構築時にも潜在的なリスクを排除することができます。
CND(認定ネットワークディフェンダー)は、「予測可能な防御スキル」「事後対応の方法」「インシデントに対する遡及的対応」の3つの観点からのアプローチで、ネットワークセキュリティ技術者に求められるスキルの習得を支援致します。

CND値段
CNDコース詳細へ
CEH

認定ホワイトハッカー

2016年5月開講

CEHは、最新のセキュリティ脅威、高度の攻撃ベクトルと、最新のハッキングの技術、手法、ツール、巧みな技、情報セキュリティ対策のリアルタイムでの実演/実用に重点を置いた、エシカル・ハッキング/情報システム・セキュリティ監査の統合型プログラムです。
各分野に特化した世界各地の専門家が開発したもので、受講者が、サイバー空間の最新の技術等に触れることができるよう常に更新されています。

CEH値段
CEHコース詳細へ
CHFI

コンピューターフォレンジック調査員

2018年3月開講

コンピューターフォレンジック調査員(CHFI)コースでは、高度なセキュリティ研修プログラムにより、侵入突き止め者の足跡を見つけ出し、告発に必要な証拠を正しく集めるスキルを習得できます。
主なフォレンジック調査のシナリオをカバーした統合型コースで、受講者は、コンピュータ・フォレンジック調査を成功させ、犯人の告発につなげる上で欠かせない、様々なフォレンジック調査のテクニックや一般的なフォレンジック・ツールを実地体験することができます。

CHFIコース詳細へ
CASE

認定アプリケーションセキュリティエンジニア

2019年開講予定

CASE-Javaは、Javaのセキュリティ機能、セキュリティ・ポリシー、長所と短所をカバーした実践的トレーニングを行う統合型コースです。
開発者が、安全で堅牢なJavaアプリケーションのコード記載を理解する手助けをするとともに、Javaのセキュア開発の様々な側面に関する高度な知識を提供致します。

CASEコース詳細へ
CTIA

認定脅威情報アナリスト

2019年開講予定

認定脅威情報アナリスト(CTIA)コースでは、世界中の専門家と協力して、未知の脅威を見える化することにより、企業のリスクを軽減するのを支援します。効果的な脅威情報を構築するための体系化されたアプローチを習得するトレーニングコースです。
脅威情報を様々なソースから収集し、抽出・分析することで企業を守る有用なデータを作り、リスクの低減策はもちろん、有事の際の攻撃に対して有効な対処ができるようステークホルダーとの連携するスキルや方法論を学びます。

CTIAコース詳細へ
より高度な防御へ 受講ステップ

より高度な防御を実現するため攻撃者の手口や考え方を深く理解した上で各目的別コースへお進み頂く事を推奨します

基本コース「CND」を受講後、目的別の各コースへ

お問い合わせはお電話とGSXコーポレートサイトのお問い合わせフォームより受け付けております。

指定資格にしている主な機関とフレームワーク

指定資格にしている主な機関とフレームワーク

なぜEC-Councilはホワイトハッカー育成プログラムを世界に広めるのか?
image

通常、企業内の情報セキュリティ担当者は

image
企業内情報セキュリティ担当者の特徴
image
ホワイトハッカーが必要な理由

お問い合わせはお電話とGSXコーポレートサイトのお問い合わせフォームより受け付けております。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず
image

悪の力を正義に使う

HACKERS ARE HERE. WHERE ARE YOU?

実戦で役立つHacking技術を

お問い合わせはお電話とGSXコーポレートサイトのお問い合わせフォームより受け付けております。

閉じる