セキュリティエンジニア養成講座 FC-Council
セキュリティエンジニアの業界で著名な資格として知られる「CEH」「CHFI」をはじめとする、
EC-Councilの認定取得を目指す講座を開講しています。
講師は全員、サイバーセキュリティに特化した実績ある現役プロハッカーを人選。
日本人による日本語での講座です。
資格保有、複数大学での講師経験者等、経験豊富なハッカーが講師を担当します。

ご紹介動画を見る
「Micro Hardening:Enterprise Edition」ご紹介動画
ご紹介動画を見る
「CNDコース」導入事例動画のご紹介
【株式会社横浜銀行様】

2019/4/17
Micro Hardening:Enterprise Edition
ご紹介動画を公開しました。
Micro Hardening:Enterprise Editionがどのようなトレーニング内容であるのか、トレーニングコンセプトや受講者の声などをお纏めしましたので是非ご覧くださいませ。
2019/4/16
EC-Council公式トレーニングコース、セキュリティエンジニア養成講座
―特典つき春期講習キャンペーン―
春期講習キャンペーンとして、CND/CEH/Micro Hardening:Enterprise Edition3種の選べる特典つき期間限定キャンペーンを実施します。
2019/3/19
GSX、神戸デジタル・ラボと川口洋氏監修の超実践型サイバーセキュリティ演習トレーニングを共同開催~セキュリティエンジニア育成にお悩みの企業担当者の課題解決を支援、神戸三宮で初開講~
この度GSXは、神戸デジタル・ラボ社と協業し、Micro Hardening:Enterprise Editionを神戸三宮で共同開催します。本トレーニングは、特別価格でのご提供となります。
情報セキュリティ人材の不足が叫ばれる中、高いスキルと実行力・判断力を持った人材の育成は急務となっています。
EC-Councilの情報セキュリティトレーニングコースは、世界に数ある教育コースの中でも、
極めて実践的であり、即戦力となる人材を短期間に育て上げるコースとして、
既に145ヶ国を超える国々で提供され、20万人を超える有資格者が
米国国防総省や国家安全保障局をはじめ、世界の重要システムを防衛しています。
EC-Council講座のコース紹介
EC-EC-Councilとは?
EC-Council(電子商取引コンサルタント国際評議会)は、情報セキュリティ及びe-ビジネスの個人スキルを認定する組織で、評議会会員によって運営されています。
この評議会はISO/ANSI 17024において個人資格の認定を行う機関であることが認証されています。著名な資格として認定ホワイトハッカー(CEH)、コンピューターフォレンジック調査員(CHFI)があり、世界145カ国、700拠点以上のトレーンングパートナーを通じて提供されています。
また、ITセキュリティの認定評議だけでなく EC-Council University も運営しています。
ATC詳細はこちらから
https://www.gsx.co.jp/academy/atc.html
EC-Councilを指定資格にしている
主な機関やフレームワーク
これらの認定は米国連邦政府、国家安全保障局(NSA)と連邦警察(FBI)国家安全保障システム委員会(CNSS)を含む、
様々な米国政府機関からの推薦を受けています。
EC-Councilは、セキュリティ専門知識を
証明するために重要な認定トレーニングです。
世界最大規模のハッカーの祭典であるDEFCON(毎年夏にラスベガスで開催)の開催者のJeff MossがISC2、SANSと並べてEC-Councilを適切な認定と評価しています。

資格はセキュリティ専門知識を証明するために重要。資格がなければ、アマチュアと主張しています。
Professionals have professional credentials. If you want to participate in the security industry, you should obtain the appropriate certifications. ISC2, SANS, EC-Council and many vendors offer well regarded security certifications. They are critical to demonstrate security expertise to employers. Without them, you are just another armature boasting your eliteness. Many in the hacker community criticize these certifications. As you can imagine, the critics are the ones unable to attain these credentials.
出典:http://www.defcon.ws/
EC-Councilの講座なら、セキュリティエンジニア育成で
陥りがちな問題を乗り越えられます。
今までのセキュリティ知見と
その活用に対する悩み
セキュリティは、
IT全般にわたる幅広い知識と経験が必要。
なのに、
幅広い知識と経験を体系化するのは難しい。
特定の知識や経験は独学でも勉強できますが、例えば、
  • ネットワーク機器やサーバの設定はできても、それがセキュリティ向上に(実効性のある防御力とし て)役立っているかどうかの判断ができない。
  • マネジメント層向けや、監査向けのトレーニングや資格はあるが、ホワイトハッカーを目指す際のト レーニングは少ない。
といった問題にぶつかります。 また、攻撃技術と防御技術については、なかなか日本語になっている良い資料が無いという問題もあります。
EC-Councilの講座なら、体系化した講習と実践中心のトレーニングで
テクニカルスキルを中心とした全体像と勘所が身につきます。
さらに高みを目指すスペシャリストへ
ネットワークエンジニアに必要な体系的なセキュリティ素養から、
攻撃者の手口を知ることでより速く正確な判断が可能になる素養、
さらにはセキュリティアナリストに不可欠な分析能力や調査スキルの素養を身につけます。
日本国内でのコース開講状況
2016年度はCEHを開講、2017年度以降にはCND他2コースを開講しています。
※CEH / CNDは日本人講師、日本語テキストによる講義をご提供しています。
認定資格試験についても日本語でご提供しています。
認定ホワイトハッカー
HOT
2016年開講
認定ネットワークディフェンダー
HOT
2017年開講
コンピュータフォレンジック調査員
NEW
2018年開講
認定アプリケーションセキュリティエンジニア
NEW
新バージョンより開講予定