CNDオンライン受講インタビュー株式会社VSN 様

研修講師の受講感想

株式会社VSN イノベーション&キャリア開発本部 テクニカルトレーニング部 ICTグループ 大井 美佳 氏

株式会社VSN
イノベーション&キャリア開発本部 テクニカルトレーニング部 ICTグループ
テクニカルアドバイザー

大井 美佳 氏

ーー現在の業務についてお聞かせください

大井 氏 私は社内研修の講師としてネットワーク、セキュリティを担当しています。CNDだとネットワークとセキュリティ、どちらの分野も当てはまる部分があると思います。
どのような方がCNDの研修を受けられているのか、自身で受講することでレベル感を把握することができました。

ーーフィジカル受講のメリット/デメリット、オンライン受講との違いはどんなところにございますか。

大井 氏 フィジカルで受講し、直接講師の方に質問をしやすいことや、他の方の疑問に思ったことへの解説を聞いて理解を更に深めることもできました。フィジカルだと研修会場までテキストの持ち運びがあるので重たいことがデメリットですかね。

ーーCNDに対する率直なご意見をお聞かせください

大井 氏 セキュリティの分野を幅広く学習できる内容でした。セキュリティ現場の経験はありましたが、特定の部分を中心に研修を受けましたので、その範囲を幅広く理解することができました。iLabs環境で実際に機器操作ができることが良かったです。
CNDは国際認定資格なので、資格取得すると目に見える形でエンジニアがお客様先の配属につながる事例が増えるのではないかと思いました。
3日間だとペースが速かったですが、大事なポイントを中心にお話しいただきました。

ーー今後どのように活用できそうでしょうか。

大井 氏 現場に出ていた時はセキュリティの最新情報を常に収集できていましたが、講師をしていると実務の部分で経験を積むことは少なくなっていますので、CNDの研修を受けることでセキュリティの最新情報を収集でき、iLabsのハンズオン(実機操作)をすることで社内育成をする際に活かせる部分があると思います。
講師の方々がポイントを絞ってお話されている点は、講師の立場として勉強になりました。また、実際の現場での導入例などを補足していただくことで理解が深まりました。

他の導入事例

導入事例一覧を見る